お料理レシピ

土用のかば焼き イワシでうなぎもどき

土用の丑の日。スーパーには、痩せのうなぎ君なのに1,980円。いわし君は136円で2尾☆今年はうなぎもどき蒲焼きに決定!

材料(2人分)

いわし 2匹
(塩分ひかえめ醤油) 大さじ2
みりん 大さじ2
小麦粉(薄力粉) 少々
サラダオイル 小さじ2
大葉 3枚
粉山椒 少々

作り方

  1. 土用の丑の日。
    近くのスーパーでの活きのいいいわし君とご対面。

  2. まずは、頭を落して内臓を取り除く。

  3. 指の腹を中骨に滑らせて、魚肉と骨を剥がします。

  4. 剥がれた骨は、尻尾の近くで折るように捨て、取り除く。

  5. 骨を取り除いたら、余分な水分をキッチンペーパーで除く。

  6. 茶こしを使って小麦粉を振り掛ける。

  7. フライパンにサラダオイルを敷いたら、身の側から焼いていきます。
    (海の魚は身から、川の魚は皮からです。)

  8. ⑦をひっくり返したら、塩分ひかえめの「華」とみりんを合わせておいた調味料を全体に振り掛け、煮詰めたらできあがり。

  9. 大葉、山椒の薫りが食欲を誘ってくれます!
    アツアツのご飯にのせたら、いわし丼☆

コツ&ポイント

塩分ひかえめの醤油『』を使ったので、みりんとの相性も良く、塩辛くなり過ぎずにふっくらといわしが仕上がりました。 土用の暑いキッチンには、長居は無用!チャチャット作って、麦の泡が呼んでいます~♪

このレシピの生い立ち

スーパーでの価格の差に愕然❢ 美味しそうな国産ウナギは1尾で、いわし君が38尾も買えちゃう値段なんですもの。いわし君で吹き出る汗は、きっと許してくれるはず。 DHAとEPAを補給して、酷暑の今年を乗り切らねばにございます。
現在登録されている商品はありません。

超PayPay祭